野菜と魚のおもてなしサロン「Maman's Dream」 神戸・明石

       日本野菜ソムリエ協会認定料理教室  野菜と魚の料理教室を、自宅や外部教室で開催                      家庭料理を基本に、美と健康に効くお料理、おもてなし料理、魚の下処理から魚好きになる調理法をお伝えします

お越しいただきありがとうございます。
教室の詳細(ブログ内にも記載)、お申込み、
お仕事のお問い合わせは、
右バナーのメッセージより、
よろしくお願いします。
HP https://oishika096.wixsite.com/maman
INSTAGRAⅯ https://www.instagram.com/sumikay816
(過去ブログ https://ameblo.jp/okinka/


タグ:かぼちゃ

ホクホクかぼちゃとレーズンの組み合わせ、
なんて美味しいのでしょう!

「かぼちゃとレーズンのサラダ」
IMG_6363
<材料(2人分>
かぼちゃ  150~200g
レーズン  30g~50g
マヨネーズ 大さじ1~2
伯方の塩「DRY」 一振り~二振り

<作り方>
① かぼちゃは少量の水で蒸煮にして、柔らかくする。
② ①を粗く潰して、レーズン、マヨネーズ、伯方の塩「DRY」を加えて、
  混ぜ合わせる。
IMG_6361

なんてことないレシピですが、
かぼちゃとレーズンの甘味が美味しい。
伯方の塩「DRY」のサラサラとして、
混ぜ合わせやすいのがgood!

簡単で大好きな一品です♡

#伯方の塩 #第3期はかたのしおアンバサダー 

こちらも、クリックしていただけると嬉しいです。

レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

福岡クッキングアンバサダー
福岡クッキングアンバサダー

ネクストフーディスト
 


<自宅教室のご案内>
当分の間は、リクエストメニューとして、
魚に限らず、肉、野菜、
基本の和食、洋食、
おもてなしの家庭料理、
パーティー料理など、
ご相談ください。

レッスン代5000円(おひとり分)より承っております。
*材料費UPで、お持ち帰り分の量を増やせます。
時間は2.5~3時間ほどを予定しています。
日時等、詳細は、
oishika096@gmail.com
または、こちらのコメント欄、
HP https://oishika096.wixsite.com/maman
から、よろしくお願いします。 


今年の10月、何かと予定があり、自宅教室の日程が定まらず、
今日に至っております。

10月は、やはり、
ハロウィーン。
・・・が、このまま、クリスマスに突入しようかとも、
思ったりしております。
(早すぎるか

昨年の自宅教室の画像ですが、
秋刀魚もコンフィ ブルーベリー&バルサミコソース。

o0666100014043631263

こんなことしてました。

o0666100014043632192

o0666100014043632709

o1000066614043633155

工作チックで、面白かったです。
時間取れるとよいのですが。


大久保北コミセン>
10月13日(土) 10:00~
魚が好きになる!美味しい食べ方
「基本の魚のさばき方(アジ)」

IMG_1394

*魚は天候・仕入れ状況により変更の場合もあります。
参加費 1300円
お申込み 大久保北コミセン
078-935-3588

ご参加お待ちしております。

よろしければ、ポチお願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
 レシピブログに参加中

結構お高い黒豆。お正月だからと奮発して作っても、
我が家では、殆ど減りません。
当然、今日現在もまだあります。
もう冷凍しておこうと・・・、その前に、
かぼちゃと黒豆のいとこ煮(普通は小豆を使用します)を作ってみました。

レシピはこちら♪

かぼちゃと黒豆のいとこ煮

かぼちゃと黒豆のいとこ煮

by 川端 寿美香

調理時間:15分
Comment

お正月にと作った黒豆。残った黒豆と煮汁を使えば、味付けはほとんど必要ありません。抗酸化作用が特に強い黒豆。健康パワーを食べましょう。

このレシピを詳しく見る


「おせちの残りを活用!リメイクレシピ」コーナーにレシピを掲載中!  
     
        *自宅教室のご案内*
1月30日(火)31日(水)10:30~
節分も近いころですので、 「多幸な(明石たこ入り)恵方巻」します。
お持ち帰りもできます。
他、鯛のあら炊き、白菜とりんごの水キムチ風、梅が枝餅

お申込み・お問い合わせ こちらのコメント、メッセージまたは、
㏋のお問い合わせ欄より お願いいたします。

↑このページのトップヘ