野菜と魚のおもてなしサロン「Maman's Dream」 神戸・明石

       日本野菜ソムリエ協会認定料理教室  野菜と魚の料理教室を、自宅や外部教室で開催                      家庭料理を基本に、美と健康に効くお料理、おもてなし料理、魚の下処理から魚好きになる調理法をお伝えします

お越しいただきありがとうございます。
自宅レッスン 4月22日10時半~ 春の宴
外部教室(にじいろふぁーみん)4月25日
問い合わせは、右バナーのメッセージより、
よろしくお願いします。
HP https://oishika096.wixsite.com/maman
INSTAGRAⅯ https://www.instagram.com/sumikay816
(過去ブログ https://ameblo.jp/okinka/


2019年11月

知っているようで、実践できていない
和のおもてなしと作法。

前記事に続き、
「LIVING和ごころおもてなし体験in太閤園」にて。

着付けを教えていただきながら、
何とか着付けた着物姿で、
「料亭・淀川邸」の会席料理を、
お作法を学びながらいただきました。
IMG_1631
IMG_1633
IMG_1640
IMG_1636
IMG_1643

IMG_1645
IMG_1646

一番感動したのは、
吸い物のお出汁の香り、風味です。
いつまでも、お口の中に含んでいたいくらいでした。

着物を着ていただくと、
背筋がピンっとして、
美しい所作で、
和ごころで、美味しいものをいただく気持ちになりました。
IMG_20191112_172702

IMG_1668
IMG_1673

こちらも、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
レシピブログに参加中♪

人気ブログランキング

<自宅料理教室のご案内>
11月24,28、29、30​日

「北欧スタイルの大人のクリスマス」

魚介の前菜2種 

赤パプリカスープ・ムース仕立て

サーモンのレモンクリームソース

ユールシンケ(低温調理による豚かたまり肉のマスタード風味)

​クリスマスデザート&ドリンク
⑤
IMG_1456
お申し込み・お問い合わせは、

oishika096+mam@gmail.com

#料理教室 #明石 #神戸 #魚料理
#日本野菜ソムリエ認定料理教室
#和ごころおもてなし #きものdeハロー #民族衣装文化普及協会
#太閤園 #リビング新聞 #taya  #着物 #着付け #kimono



いろいろ挑戦することは好きです。
しかし、和文化の一つ、
「着付け」は、
自分で着ることもなく、
お人形さん状態でした。

この度、運よく「LIVING 和ごころおもてなし体験in太閤園」
に参加することができ、
着付けの体験と、
素晴らしい建物である太閤園にての、
会席マナーを学んできて参りました。
1573464068993
*お着物、小物はすべてお借りしているものです。
IMG_1651
*ヘアアレンジもプロから、伝授していただきました。
うっかりショートボブにカットした私も、アップ風のアレンジ可能でした。

この夏、帰省した折に、自分の着物などを持ち帰りました。
とても、高価なものでもあるし、
母の想いが込められた、大切な着物や帯。
それを購入した時のことも、
よく覚えています。

また、会場の「太閤園」
とても貴重な建物と美しいお庭でした。
IMG_1628
IMG_1621
*朝の光がキラキラしていました。

着付けは大変でしたが、とりあえず基本はザックリと理解できました。
自前の着物で、自分で着て、お出かけできる日は、
来るかしら・・・。

会席料理と、お作法のお話は、また後日に。
こちらも、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
レシピブログに参加中♪

人気ブログランキング

<自宅料理教室のご案内>
11月13、15、19、28、29、30​日

「北欧スタイルの大人のクリスマス」

魚介の前菜2種 

赤パプリカスープ・ムース仕立て

サーモンのレモンクリームソース

ユールシンケ(低温調理による豚かたまり肉のマスタード風味)

​クリスマスデザート&ドリンク
⑤
IMG_1456
お申し込み・お問い合わせは、

oishika096+mam@gmail.com

#料理教室 #明石 #神戸 #魚料理
#日本野菜ソムリエ認定料理教室
#和ごころおもてなし #きものdeハロー #民族衣装文化普及協会
#太閤園 #リビング新聞 #taya  #着物 #着付け #kimono



先月の料理教室では、
鯖の棒寿司や穴子の棒寿司、作っていただきました。
IMG_1571
穴子は、お一人様一尾(開いてある生の穴子)からでした。
この日は、
穴子の棒寿司、しめ鯖と柿のなます、ブロッコリと蕎麦の実の和えもの、
お吸い物、かぼちのケーキ風プディング
10月だったので、デザートはハロウィン仕立て。
(デザート用以外の食器を持参しておらず、
会場のものです。)

肉厚の生穴子を用意できました。
IMG_1567

IMG_1569

IMG_1575
ふっくらとして、柔らかい優しい味に、
焼き穴子より美味しい!と、
大好評でした。
みなさまは、お作りになった穴子の棒寿司は、
1本お持ち帰りしていただきましたよ。
きっと、ご家族は喜ばれたことでしょう。

IMG_20191026_092638
天然の可愛いハロウィンかぼちゃとルクルーゼのお鍋(オレンジカラー♪)
カボチャの陶器のカップ(実は、搬入時に4個割れちゃった・・・)

お越しいただいたみなさま、
スタッフの方々、
ありがとうございました。
こちらも、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
レシピブログに参加中♪

人気ブログランキング

<自宅料理教室のご案内>
11月13、15、19、28、29、30​日

「北欧スタイルの大人のクリスマス」

魚介の前菜2種 

赤パプリカスープ・ムース仕立て

サーモンのレモンクリームソース

ユールシンケ(低温調理による豚かたまり肉のマスタード風味)

​クリスマスデザート&ドリンク
⑤
IMG_1456
お申し込み・お問い合わせは、

oishika096+mam@gmail.com

#料理教室 #明石 #神戸 #魚料理
#日本野菜ソムリエ認定料理教室



大阪・北浜から歩いて梅田へ。
(地下鉄1駅分)
街並みや、お店を見ることができて、
2㎞くらい歩くのは、全然平気な私です。

そして、発見した「スガハラ」さん。
テーブルコーディネートの先生、料理家さん、
料理教室の先生の御用達ともいえるガラス器のお店。
行きたかったところだけに、
偶然見つけて、感激!!
IMG_20191102_145306
IMG_20191102_144631
IMG_20191102_144725
IMG_20191102_145105
ミュージアムのような店内で、
しばしうっとり。
今回は、購入のつもりがなかったので、
また、改めて伺うことにしょう♪

そして、梅田の雑踏に・・・。

こちらも、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
レシピブログに参加中♪

人気ブログランキング

<自宅料理教室のご案内>
11月13、15、19、28、29、30​日

「北欧スタイルの大人のクリスマス」

魚介の前菜2種 

赤パプリカスープ・ムース仕立て

サーモンのレモンクリームソース

ユールシンケ(低温調理による豚かたまり肉のマスタード風味)

​クリスマスデザート&ドリンク
⑤
IMG_1456
お申し込み・お問い合わせは、

oishika096+mam@gmail.com

#スガハラ #料理教室 #テーブルコーディネート


先日、神戸花隈でご用が午前中で終わったので、
お一人様ランチを・・・。
このところ、「フランス行きたい病」なので、
フレンチビストロ綾里のお店に行こう!
以前行ったことのある
「LA TABLE YAMASAKI」
お昼だけど、
ボルドーの赤ワインとともに♪

IMG_20191102_122125

IMG_20191102_124144

IMG_20191102_124921
火入れ抜群の、フランス産豚肉の炭焼き

なんと、オーナーシェフさん、
私のこと覚えてくださっていた!
嬉しいです。
そして、午後の目的地、大阪北浜へ。
IMG_20191102_140720

IMG_20191102_142312
IMG_20191102_140710
気分だけでも感じたくて・・・。
IMG_20191102_143521
このあたり、レトロなビルが多いのね。

そして、てくてくと梅田まで歩いていくと、
素敵なお店発見!(後日UPします)

こちらも、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
レシピブログに参加中♪

人気ブログランキング

<自宅料理教室のご案内>
11月13、15、19、28、29、30​日

「北欧スタイルの大人のクリスマス」

魚介の前菜2種 

赤パプリカスープ・ムース仕立て

サーモンのレモンクリームソース

ユールシンケ(低温調理による豚かたまり肉のマスタード風味)

​クリスマスデザート&ドリンク
⑤
IMG_1456
お申し込み・お問い合わせは、

oishika096+mam@gmail.com





↑このページのトップヘ