野菜と魚のおもてなしサロン「Maman's Dream」 神戸・明石

       日本野菜ソムリエ協会認定料理教室  野菜と魚の料理教室を、自宅や外部教室で開催                      家庭料理を基本に、美と健康に効くお料理、おもてなし料理、魚の下処理から魚好きになる調理法をお伝えします

お越しいただきありがとうございます。
現在、自宅レッスンは最大3人で開催中です。
日時はご相談くださいませ。
*3月は日新製糖さまとのタイアップ企画します。
(きび砂糖のお土産付きです)
よろしくお願いします。
HP https://oishika096.wixsite.com/maman
INSTAGRAⅯ https://www.instagram.com/sumikay816
(過去ブログ https://ameblo.jp/okinka/


タグ:お花見

明石の野菜と魚のおもてなしサロン
「Maman’s Dream」主宰
川端寿美香です。

先日のにじいろふぁーみんさんの料理教室より、
「春の香りでいっぱいのお花見弁当」
IMG_E6513

お献立
・春爛漫の手まり寿司
・ホタルイカと春野菜の味噌デップ
・苺と筍の白味噌和え
・ハトシ(長崎の郷土料理)
・紫キャベツのマリネ
・桜豆乳プリン

アレンジ自由の手まり寿司は、
お好きなように・・・。

今回、蔓延防止の日程関係で、
お持ち帰りになるかもとありました。
全員お持ち帰りということになりました。
ご試食を予定しておられた方、
なんとなくその流れになってしまい、
申し訳ございませんでした。

次回は、4月12日(火)
『家で味わう四季のレシピ~春の膳』
・しらすと春キャベツのちらし寿司
・烏賊の若竹炒め
・肉じゃがポテトサラダ
・驚きの船場汁(いつもに船場汁と違うのです!)
・桜あんの白玉ぜんざい

今回、密かに日新製糖さまとのタイアップ企画しています。
販売はありません、嬉しいお土産(現品)があります!
メニューの中でもご紹介します。
(こちらに関しては、JA兵庫南さんへのお問い合わせはご遠慮ください)

お申し込み:079-495-7716
お会いできるのを楽しみにしております。

こちらも、クリックしていただけると嬉しいです。

レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

ネクストフーディスト

昨日の雨で、桜散りかけているものの、
まだ、残ってる桜の花残っているものある?

少し物悲しいですが、
桜の花びらが舞いながら散りゆくのも、
いとおかし
・・・ここだけ古語になる。

お赤飯は、大好物。
子供のころは1日と15日は、
母は、たいていお赤飯を炊いてくれていました。
2合の米と1合のもち米をで、
次の日も、ちょうどよいモチモチ加減です。
IMG_8129
この時期は、
桜の花を添えるだけで、
お花見弁当の一品に。
炊飯の際の塩は、
桜の花の塩漬けの塩を使っています。
桜の香りがほのかにします。

さらに、
ル・クルーゼのフラワーコレクション
スタッキング・ラムカンフルールセットに
詰めれば、それだけで女子力(母力も)UP

母の日の贈り物に最適な、
お鍋やお皿などのフローラルシリーズも発売されました。
https://www.lecreuset.co.jp/

ご褒美にもいいよね~🌸

<にじいろふぁーみんの料理教室のご案内>
4月15日(月)参加費3000円
~愛でて、感じて、味わう春のお料理~
IMG_7157
*華やか手毬寿司
*桜鯛のポアレ 春香るスープ仕立て
*新玉ねぎのファルシー
*桜咲く泡のゼリー

締め切り間近ですが、
お席あります!
お申込みお待ちしています。
JA兵庫南 079-495-5330 
   🌸 🌸 🌸
自宅教室のご案内は👇より、
http://mamans-dream.blog.jp/archives/16696393.html

お申込みは、
oishika096+mam@gmail.com
こちらからも、OKです。
料理教室検索クスパ  
お会いできることを楽しみにしております。

読んでいただきありがとうございます。
こちらも、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
レシピブログに参加中♪

人気ブログランキング


京都の話へ戻ります。
2度目の高台寺。
ここは、人こそ多いですが、
静寂な世界です。

白砂が美しく掃き清められた、
唐門の前の1本のみの枝垂れ桜は、
本当に美しく、
凛として、
静かで、シンプルでありながらも、
とてつもない大きな力と、
存在を感じ、
この京都のお花見では、
心に残った桜でした。
IMG_8087

1554629059677
お決まりの構図(大行列です)

その後、お茶は、
これまた、前回の時と同様、
「ジュヴァンセル」へ。
IMG_20190406_143727
抹茶フォンデュをいただきました。
相変わらずの人気です。

それから、最後の目的地、
「京都御苑」へ。
・・・ところが、
入場締め切り(16時20分まで)5分オーバーで、
入場できず
そのことに、気付いたのが、3分前。
広ーい敷地(砂利)を必至で急いだのに、
間に合わず。
IMG_8094
情は無しです。

IMG_8097
清楚な桜を見て、気をとりなおして。

次回は迎賓館もセットで行きたいと思います。


<にじいろふぁーみんの料理教室のご案内>
4月15日(月)参加費3000円
~愛でて、感じて、味わう春のお料理~
IMG_7157
*華やか手毬寿司
*桜鯛のポアレ 春香るスープ仕立て
*新玉ねぎのファルシー
*桜咲く泡のゼリー

締め切り間近ですが、
お席あります!
お申込みお待ちしています。
JA兵庫南 079-495-5330 
   🌸 🌸 🌸
自宅教室のご案内は👇より、
http://mamans-dream.blog.jp/archives/16696393.html

お申込みは、
oishika096+mam@gmail.com
こちらからも、OKです。
料理教室検索クスパ  
お会いできることを楽しみにしております。

読んでいただきありがとうございます。
こちらも、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
レシピブログに参加中♪

人気ブログランキング







京都・祇園のお昼をいただいた「津田楼」が、
あまりに落ち着いて、
静かな時間を過ごしたあとに、
八坂神社へ。
IMG_8051

屋台も立ち並び、
参道に行く前に、
お祭りのような雰囲気と人混み。
急いでそこ通り抜けてお参りを済ませ、
今回初めて行く「美御前社」へ。
IMG_8056

IMG_8054
身も心も美しくなれますように。

そこを抜けると、
円山公園。
ちょっと、コースから外したが良かったかな
その前の「津田楼」の余韻を浸っていたので、
屋台の焼きそば系の臭いと、
あまりにワチャワチャしすぎて、
大人の雰囲気で、
桜を愛でる雰囲気ではないかな。

とりあえず1枚。

IMG_8060

静寂から喧噪へ舞い込んだようでした。
早く逃げたいと、
高台寺へ。

と、ここまで。
自宅教室のご案内は、
http://mamans-dream.blog.jp/archives/16696393.html

お申込みは、
oishika096+mam@gmail.com
こちらからも、OKです。
料理教室検索クスパ  
お会いできることを楽しみにしております。

読んでいただきありがとうございます。
こちらも、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
レシピブログに参加中♪

人気ブログランキング

京都は、このあたりより桜の満開時期が早く、
今日が最高の良いお花見日和でした。

朝の電車も、お花見行くんだな~と、
思われる人多数。
そして、京都へ!

まずは、河原町スタート。
高瀬川沿いの桜を眺めながら、
いただけるカフェを探すも・・・、
見つけられず
IMG_8028
高瀬川
IMG_8038
祇園白川

三条~祇園白川の桜も眺め、
花見小路を抜け、祇園へ。
通りは凄い人です。

お昼前だけど、お腹も空いたし、
リサーチ無しで、1周した?
偶然お店の方が出てきたところで、
決めたところが、
本当に素敵なところだった。
IMG_8047

お茶屋さんの雰囲気なので、
普通では入るのに躊躇するかもって感じ。
丁寧な応対と、
美しく、上品で優しい味、
(お勉強になりました。)
大人の時間を過ごす素敵な空間。
とっても満足なお昼の御膳でした。

IMG_8041
先付(桜の豆腐 山葵ジュレかけ)
IMG_8044

IMG_8049

津田楼
京都市東山区祇園町
ご希望あれば、舞妓さん、芸奴さんの手配もしてくれとのこと。

おもてなしが素晴らしいお店に、
偶然に出会えたことが、
ここ一番、嬉しかったかも。

まずは、ここまで。
自宅教室のご案内は、
http://mamans-dream.blog.jp/archives/16696393.html

お申込みは、
oishika096+mam@gmail.com
こちらからも、OKです。
料理教室検索クスパ  
お会いできることを楽しみにしております。

読んでいただきありがとうございます。
こちらも、クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
レシピブログに参加中♪

人気ブログランキング









↑このページのトップヘ