野菜と魚のおもてなしサロン「Maman's Dream」 神戸・明石

       日本野菜ソムリエ協会認定料理教室  野菜と魚の料理教室を、自宅や外部教室で開催                      家庭料理を基本に、美と健康に効くお料理、おもてなし料理、魚の下処理から魚好きになる調理法をお伝えします

お越しいただきありがとうございます。
現在、自宅レッスンは最大3人で開催中です。
日時はご相談くださいませ。
*3月は日新製糖さまとのタイアップ企画します。
(きび砂糖のお土産付きです)
よろしくお願いします。
HP https://oishika096.wixsite.com/maman
INSTAGRAⅯ https://www.instagram.com/sumikay816
(過去ブログ https://ameblo.jp/okinka/


タグ:親子料理教室

明石の野菜と魚のおもてなしサロン
「Maman's Dream」主宰 川端寿美香です。

親子クッキングシリーズ第2弾!
たこ焼きでは、ちょっと柔らかい
明石焼き・・・玉子焼きともいいます。

「なんちゃって明石焼き」
お麩を使います。
画像1
③材料(2人分)>
茹でたこ 足2本
麩    16個
溶き卵  1個分
塩    少々
出汁   300㎖
薄口醬油 少々
みりん  少々
サラダ油 適量

<作り方>
① 麩は出汁(100㎖)に漬けて戻す。
② 茹でたこは一口大に切る。
③ 麩に箸で穴をあけ、たこを入れて塩を入れた溶き卵に漬ける。
④ フライパンにサラダ油を熱し、③を焼き目をつける。
⑤ 出汁と薄口醤油でおつゆを作る。

お出汁に漬けながら、いただきます♪
分量はお好きな分ふやしてくださいね。

こちらも、包丁いらずで、
小さなお子様も作れます。(大人の方は見守っててあげてくださいね)

こちらからも、レシピ見ることできます。
親子クッキング♪なんちゃて明石焼き
お子様むけのタコ料理を考えたときに、郷土料理の明石焼きはできないかと。あくまで、なんちゃてなのですが、見かけはそのものです♪長期休み、巣ごもりの時に親子で作ってみてください!

こちらも、クリックしていただけると嬉しいです。

レシピブログに参加中♪
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

ネクストフーディスト
 


<自宅教室のご案内>
当分の間は、リクエストメニューとして、
魚料理に限らず、肉、野菜、
基本の和食、洋食、
おもてなしの家庭料理、
パーティー料理など、
ご相談ください。

レッスン代5000円(おひとり分)より承っております。
*材料費UPで、お持ち帰り分の量を増やせます。
時間は2.5~3時間ほどを予定しています。
日時等、詳細は、
oishika096@gmail.com
HP https://oishika096.wixsite.com/maman
から、よろしくお願いします。






今日は、seat‐clubのお仕事。
西宮の某会館にて、親子料理教室でした。

ちょうど新生児くらい大きさの赤いか。
IMG_20190202_222046

IMG_20190202_105154

その解体ショーに、
子供たちは興味津々。

そのあとは、親子仲良く調理実習してお昼ご飯になりました。
IMG_20190202_113655
赤イカの磯辺ソテー 赤イカの生春巻き 赤イカのサイコロスープ

こんなに、たっぷりイカを食べてのは、
初めてかも。

お越しいただいた方々、
会館の担当の方、
ありがとうございました。

<2月のにじいろふぁーみんの料理教室のご案内>
2月18日(月)魚のさばき方~メイタカレイ
*5枚おろしに挑戦!
お造り 骨姿揚げ あっさり煮つけ 菜の花添え
2月28日(木)健美・養生のための魚菜料理
赤カレイの親子煮 ハタハタと冬野菜の焼き南蛮
生海苔の佃煮 桜きんつば お汁もの

いずれも、お申込みは、
JA兵庫南 079-495-5330

電話は・・・と言われる方、
oishika096+mam@gmail.com
お取次いたします。

教室の開始前に、また、終了後に、
にじいろふぁーみんのSHOPにて、
お買い物も楽しまれてください。
野菜だけでなく、肉、魚、加工品もいろいろあります。

自宅教室の予定日は、
2月20日、21日、26日です。
お雛様の日のおもてなし料理です。
本格ちらし寿司に挑戦!
こちらは、oishika096+mam@gmail.com まで、
お問い合わせください。

お会いできることを楽しみにしております。

クリックしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 料理ブログ 料理教室へ
にほんブログ村
レシピブログに参加中♪

人気ブログランキング







↑このページのトップヘ