野菜と魚のおもてなしサロン「Maman's Dream」 神戸・明石

       日本野菜ソムリエ協会認定料理教室  野菜と魚の料理教室を、自宅や外部教室で開催                      家庭料理を基本に、美と健康に効くお料理、おもてなし料理、魚の下処理から魚好きになる調理法をお伝えします

お越しいただきありがとうございます。
5月の自宅レッスンは最大2人までとし、
日時はご相談くださいませ。
よろしくお願いします。
HP https://oishika096.wixsite.com/maman
INSTAGRAⅯ https://www.instagram.com/sumikay816
(過去ブログ https://ameblo.jp/okinka/


タグ:魚

もともと予定していた長崎の実家への帰省。
とはいえ、母はまだ入院中なので、
お墓参り、家のことや、父のこと、お見舞いで
一日が終わっておりました。

買い物は、近所のスーパーで、
ココでしかないもの探しがチョット楽しみ。
キビナゴは、関西でも売っていますが、
刺し身用ではありません。
この「キビナゴの刺身」
小さいので、手開きして骨やヒレを取るのは面倒。
が、しょうが醬油で食べると、美味しい!
あーひさびさ食べた~!

これは、息子が2~3歳くらいに、
初めて刺し身を食べた、ファーストフィシュでありました。
それも、次から次へとパクパクと・・・。

P_20180321_182048_vHDR_Auto_1

もう一つ、食べたかった、
「マテ貝」
しかし、国産物は、
今では、ほぼ絶滅。
韓国産は輸入されているそうですが。

グリルで焼いて、醤油を垂らして食べると、
日本酒に合うんです・・・。
残念。


実家は30年前に建築した家です。
当時としては、モダンだったのですが、
階段も勾配がきつく、段差もあります。
バリアフリーでもなく、
高齢者には不向きな建て方だなあと、
つくづく感じました。
ただ、父母の思い入れの強い注文住宅なので、
出来る限りこの先、
その家に住んでほしいと思っています。
それには、どうしたらよいか、
課題はたくさんです・・・。

近畿農政局の「食育仕事人のコラム」に載せていただいています。

食育仕事人のお声をお届けします。 

┌───┐食育仕事人「川端 寿美香」さん 
│\★/│……………………………………………………………………………… 
└───┘  
 
 魚の良いところ、どれだけご存知でしょうか?頭が良くなる、身体に良い、長生きでき 
るなどと言われています。その通りだとすれば、良いところ尽くしの食べ物なのです。し 
かし、魚離れが深刻化しているのが現実。魚料理って、ハードルが高いと思っていませ 
んか。 

 私の教室では、魚料理をメインとして、下処理(魚さばき)も生徒さまにしていただきま 
す。とても面白く、楽しい!「こんなに魚が美味しいなんて!」という感想をもらいます。こ 
れは、魚食普及の活動で、小中学校の生徒にも、魚さばきの講習をしていますが、同じ 
感想なのです。そうなんです、魚の食べず嫌いではなく、やらず嫌いだったのです。私た 
ち大人(親)が、魚に触れて好きになる。その姿を見て育った次世代の子どもたちも、 
きっと魚が好きになることでしょう。もちろん、野菜も好きになってほしいですが。 

 料理教室やセミナーを通して、自分や家族のために、【食卓から始めよう魚と野菜を美 
味しくいただくために】を提唱しています。 


「川端 寿美香」さんのホームページ ↓ 
https://oishika096.wixsite.com/maman 

……………………………………………………………………………………………………… 
食育仕事人「川端 寿美香」さんの 
○支援内容:人材派遣 、体験学習・見学受け入れ 、イベントへの出展 広報活動 
○活動区域:全国 
○経費負担等:交通費、材料費、講演料 


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
┃ ◆未来につなぐ食育倶楽部事務局                  ┃ 
┃ 〒602-8054 京都市上京区西洞院通下長者町下ル丁子風呂町         ┃ 
┃              近畿農政局経営・事業支援部地域食品課内             ┃ 
┃ TEL:075-414-9025  FAX:075-414-7345                             ┃ 
┃ お問い合わせは月曜日~金曜日(8時30分~17時15分)              ┃ 
┃ MAIL:mirai_club@kinki.maff.go.jp                   ┃ 
┃ HP:http://www.maff.go.jp/kinki/syouhi/seikatu/syokuiku/m_club.html 
┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛ 
   ┃┃                          ┃┃ 
   ┗┛                          ┗┛ 

明日は、春の嵐が吹き荒れそう!
みなさん、外出の際はお気をつけて。
そういう私も外部教室あります。
生徒さまがた、無事来ていただけるだろうか・・・・。

IMG_5800


引き続き、<教室のご案内>
3月13日(火)にじいろふぁーみんの料理教室
   ~健美・養生のための家庭料理~
*たこと春野菜の春巻き
*鯛と苺のマリアージュ
*いかなごのくぎ煮 (入荷次第ではありますが)
*新子のお吸い物
*苺みるくのふわふわ餡
問い合わせ先:079-495-5330

自宅教室の日程・詳細はお問い合わせください。
HP 「明石の野菜と魚の料理教室~Maman's Dream」




過去のブログ(アメブロ)より、転記で申し訳ございません。
2年前の自宅教室の様子です。

         2016.2.19 バレンタインの可愛い食卓~自宅レッスン

今月の自宅レッスンのテーマは、「バレンタインの可愛い食卓」


バレンタイン過ぎちゃってるし、私に、可愛い~が、できるかって?


大人可愛い・・・って、ことで。

 


今月のメニューは、ズッパ・ディ・ペッシュ(イタリア風ブイヤベース)、揚げイワシのマリネ。

 

 

 

イワシは大名おろし、イカの下処理していただきました。


そして、野菜ソムリエ推奨の、チョコベジ!(チョコソ-スをディップとしていただきます)

 

 

野菜や、お魚のことをお話しながら、楽しく調理いたします。

 

初めて、見聞きすることや、魚介の下処理の仕方を実際に自分の手でできることは、

 

自宅レッスンのよいところですよね。

 

チョコベジも挑戦していただき、本当にありがとうございました。




<外部教室のご案内>
2月19日(月)にじいろふぁーみんの料理教室
(野菜と魚の美養食講座)
*白身魚と菜の花のの和ユッケ丼
*鮭と蕪の酒粕煮
*白菜と林檎の水キムチ風
*梅が枝餅
問い合わせ先:079-495-5330

3月1日(木)JAあかしの料理教室
*彩り鮮やかちらし寿司
*ホタルイカと菜の花の粒マスタード和え
*あんかけ豆乳茶碗蒸し
*梅が枝餅
問い合わせ先:078-934-5800

車で聞いていたラジオ。
「夢のためにほしい金額はいくらくらい?」と。

まずは、夢。
大金かかることは、住宅ローン。
でも、これは夢とは違うし。

お財布
初売りの時から探しているが、ピーンとくるものが無い。
なにに、こだわるかだけど。
で、これいくら?

数年、検討中のカメラ
だんだん、まとまってきてはいる。

10年以上探しているサイドボード
しっくりするものに、いまだ出会えず。

東京や長崎に行くための旅費
露天風呂つきのお部屋にお泊り、贅沢な時間を過ごせる1泊2日の旅
(願わくば、ヨーロッパ旅行!元気で健康なうちには行きたい。)

あれもこれもの器や調理器具

これらは、自分のためだけの、お金に勘定できる夢(ほしいもの)ですよ。

宝くじのように、ン億円でもなく、ン千万円でもなく、ン百万円・・?
いや、ん十万かな。
なんて、考えながら、帰宅しました。

そして、現実に戻りましょうか。
明後日、にじいろふぁーみんの料理教室では、
カワハギの魚さばき教室を開催します。
満席でありがたいことでございます。
ただ、この数日、海は時化(しけ)ております。
魚の教室は、ほんとに、材料を調達するのにハラハラさせらます。

IMG_4834

自宅でも教室しております。
また、レシピ開発、セミナー講師も承っております。
お問い合わせください。









昨年、息子と娘が、大学、高校と進学して記念樹として、レモンの木を植えました。
南側の庭に植えたものの、まだ小さい苗木で、日もあまりもらえない感じだったので、
枯れはしないかと、思っていたくらいだったのに、
(最近すっかり忘れていたけど)
ふと、見たら、ナント!実ができていた。
ちょうど2個。
水やりも肥料もいい加減だったのに、
よくやった~!

P_20180103_122500_vHDR_Auto

年明けにとっても、嬉しい気持ちになりました。
どうやって使うか、思案中です。

それとは、真逆に残念だったこと。
年末に、ダンナが庭回りの樹木や雑草をスッキリしてくれたのですが、
よく見たら、
大事にしていた木(ご近所の旦那様が生前植えていた木をいただいたもの)や、
これから咲き出すクリスマスローズが、
ない・・・・・。

また、やられた。
以前も、苗を植えて、ようやく成長しかけていたのを全て抜かれ、
雑草とともに処分されたことがあります。

そして、それを言ったら、
案の定、「今後一切、庭のことは知らん!」と。
はあ・・・・。
いつものことだけど。

根っこが残ってて、春にはまた新芽が出てきますように。




↑このページのトップヘ